rubodanについて

rubodanはダンボールを使ったステーショナリーブランドです。

〔ダンボールを分解して新しいものを作る〕をコンセプトに展開しています。

ダンボールから簡単に紙を作り出す「SIMPLE PAPER MADE」という製法を考案し、その製法でできた紙「SIMPLE PAPER」を使って、様々なステーショナリーを作っています。


誕生とビジョン

rubodanの誕生は2011年の5月30日(ゴミゼロの日)。

2010年にJICA沖縄の企画で訪れたサモアで行った授業と、ワークショップをきっかけに 廃ダンボールの新しい使い方の参考の一つになれば、とブランド立ち上げに向けてスタートしました。

資源ゴミとしてのダンボール処理だけではなく、廃ダンボールが新しい何かに生まれ変わるような、アップサイクルな利用方法となるように。そして、その先に誰かの新しい仕事が生まればというビジョンで進められています。

活動

タイのバーンロンサムイでのワークショップ

タイでのワークショップにて

オリオンビールのダンボールをリサイクルしたクラフトノート

沖縄の地元企業オリオンビールのダンボールを使った製品開発

これまで、沖縄県内、東京、そしてアジアの国々(ベトナム、タイ、フィリピン、インドネシア、シンガポールなど)で、子どもたちとワークショップを行ったり、現地の方々や障害を持つ方など共に商品開発などに関わってきました。

沖縄県内では浦添市にある自立・就労サポートセンターたどり舎にて、オリオンビールの段ボールを使ったステーショナリー商品の製作を委託しています。*オリオンビール株式会社より正式に製作許可を受けています。

【動画】ワークショップの様子


share

rubodanの目指す所はSIMPLE PAPER MADEを使ったアイデアのシェアです。

YouTube、facebookの利用や、ワークショップや展覧会の開催等を通して、Networkを展開し、広くSIMPLE PAPER MADE製法とアイデアの普及に努めています。

みんなでやれば、世界のゴミが少し減ります。
そして、新しいモノを生み出す事ができます。

使うと分かるたくさんの世界が、きっと新しい刺激となるでしょう。
もしかしたら、世界を救うアイデアが浮かびあがるかもしれない。
rubodanが新しいモノの考え方のヒントになることを願います。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

代表 儀間朝龍

SIMPLE PAPER MADE Network
facebookページ
儀間朝龍 website
http://gimabox.com


Comments are closed.